横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

完全無欠のトラッキングシステムにまさかの弱点が?

前回、カンクウが特別な理由としてあげた「トラッキングシステム」。

完璧に思えるシステムですが、まさかの弱点もある、というお話。

空港を利用する側からすれば「自分の預けた荷物が渡航先に届くのは当たり前」という感覚ですし、間違ってないと思いますが、それを完璧にこなすのは、マンモス空港になればなるほど至難の業といえます。

 

トラッキング方式は、チェックイン時にバーコードを巻くだけの一般的な方式と異なり、荷物の便情報などの各種の情報を入力しなければならないという手間がかかります。

 

こんな手間隙を国際空港で処理できているのは、各航空会社の協力があってこそ、ということになります。

 

「チェックインでバーコードを巻くこと以外に、その荷物がどの便に行くかというのを各航空会社のグランドスタッフさんに、わざわざ入力してもらっています。このひと手間によってどこに行くかの情報を持てるんです。時間にすると数秒くらいなんですが、わずかな時間でも航空会社にとっては負担だと思いますよ」

とのこと。

 

荷物を継続的に補足し続ける方式自体を採用するためにはコスト的に若干のハードルがあることがわかります。

空港計画段階で、航空会社と粘り強く話し合い、これを導入した関空の強みが徐々に評価を受けているわけです。

 

さらに現場スタッフレベルでの話し合いも、関西空港が評価される要因のひとつとなっています。

 

これについては次回に譲りますが、AIや人工知能、あるいは自動運転、ドローンetc、、、どんどん人類は進化を遂げつつありますが、最後の最後はヒトとヒトとのコミュニケーションなんだな、と感じさせられるお話です。

 

ぜひ次回もご期待ください。