横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

現地在留邦人が語る、現地の物価のナマの声!(1)

日ごろ、日本で日常生活を送っているわたしたちには、海外の物価や経済は基本的にニュースであまり取り上げられませんし、正直、興味もないと思います。

 

が、日本を飛び出して海外で生活を営んでいる人からすると、むしろ逆で日本の物価がどうの、経済がどうの、よりも自分が暮らしている国の経済が最優先、といったことになります。

 

井の中の蛙、ということばがあるように、人間、知らなくていいことは知らなくていいとは思いますが、知っていたほうが人生豊かになるケースもなくはありません。

 

今回は、日本を飛びだして海外で暮らす現地法人の方たちのナマの声をお届けします。

 

4部構成でお届けしますので、今回は第一回です。

 

何か基準を設けないとイメージがしづらいこともあり、今回は(1)ミネラルウォーターと(2)コカ・コーラの物価にしぼってみていきましょう。

 

日本円の変換は相場によりかわりますので、あくまで目安です。

 

1.アメリカ(ワシントンD.C)

(1)99セント(100円)

(2)83セント(85円)

衣類や日用品はセールやディスカウントが充実しているので安く入手できます。有名ブランドでも日本の半額以下で手に入るケースも。高速道路もほとんど無料で、バスや地下鉄もエリア内は料金一律。これは日本よりお得かも。

 

2.インドネシア(ジャカルタ)

(1)3500ルピア(27円)

(2)4200ルピア(33円)

タクシーは初乗りで7500ルピア(58円程度)、1キロごとに3500ルピア(27円)ずつ。日本とは比べ物にならないくらい安い!

 

3.オーストラリア(ブリスベン)

(1)0.58豪ドル(44円)

(2)2リットルで4.1豪ドル(312円)

日本と比べると物価がやや高めですが、オーストラリアの一人あたりのGDPは約50962ドル。そう考えると日本より高めなので、それに見合った物価だと思われます。

 

4.カナダ(モントリオール)

(1)0.7~1.2カナダドル(55~95円)

(2)1~1.3カナダドル(79~102円)

モントリオールの物価は、日本と比べてやや高めです。でも外食をしなければ日本と同様の暮らしやすさはありますよ。ちなみに水道代は無料です。

→水道代無料は、日本のどの自治体もやらないですし、おそらく今後もやらないだけにすごいかも。

 

いかがだったでしょうか。

日本は意外と物価が高いのか低いのか、やはり相対的に見ないとイメージがわきません。

あと2回、このテーマでお届けしますので、ぜひおつきあいください。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!