横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

驚きの値段続出!!!世界のランチ事情!

物価が高い国として知られているのがスウェーデンです。

ランチをファーストフードで簡単に済ませようとしても、テイクアウトのフィッシュ&チップスですら1500円ほどかかってしまいます。

日本でランチを済ませるとすると、東京都心であってもかなりの高価格帯になります。

おしゃれなレストランで、肉か魚のメイン料理にパンか、ライス、さらにスープ、サラダ、飲み物までついてくる価格帯になってきます。

 

食文化の発達したフランスもやはりランチは高いです。

サンドイッチやケバブといったファーストフード的なものは手軽に食べられますが、お店に入って昼食となるとだいたい20ユーロ、日本円だと2200円相当を超えます。

言うまでもなくスイスも高いです。

こちらもランチは2000円レベルでディナーとなると5000円レベルになってきます。

しかも質を日本と比べるとイマイチという話もあり、実際の値段以上に高いのではないかと思われます。

 

ちなみにスイスでは国内に激安店のようなものがなく、あまりに物価が高いため、隣国のドイツやオーストリアに買出しに行く、ということもままあるようです。

イギリスのEU離脱が問題になっていますが、国家間を気軽に行き来できる魅力に救われている点がここに出ています。

 

フィンランドも国産ビールの500mlが約320円と、こちらは酒税が高いせいもあり、隣国のエストニアでお酒を買う人も多いとのこと。

 

一方、北米のアメリカ・カナダはチップの概念もあり、表示価格に消費税が15%、さらにチップが15%ということで、トータルで支払う金額はランチで2000円相当とのこと。

一見アメリカはボリュームがあるようにみえて、この価格帯だと日本とたいしてかわらに量だそうで、そう考えると、欧州、北米と比較しても日本が割安なことがわかります。

 

2019年10月に消費税が10%になる、のが現実味を帯びてきている日本ですが、世界各国を見渡しても消費税が10%未満の国は珍しいです。

古いデータですが2014年10月時点で、消費税が10%を超えている国は世界中でなんと139カ国あり、20%を超えている国が北欧諸国を中心にいくらもあります。

 

日本のように10%未満の国というのはかなりレアなことがわかりますね。

 

次回はこの価格帯に加えて品質についての比較検討もしていきます。

次回もお楽しみに!