横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

日本人は無宗教ではない?新カテゴリー「Japanese入門」始まります!

日本人とはどんな民族なのか?

島国で暮らしていることもあり、また多国籍なお国柄でもないこともあり、わたしたち日本人も「日本人とは○○な考え方をし、○○な民族である」と明確に語れる人は、おそらく誰もいないのではないでしょうか。

 

日本人はどんな民族なのか?

今回は宗教をテーマに考えていきたいと思います。

 

神社とお寺は何が違うの?

と思ったことありませんか?

もちろん一般常識的に知っておいてほしい内容かもしれませんが、日常生活を送るうえでは知っていても知らなくても、そこまで困らない話ではあります。

では、実際にどのような違いがあるのでしょうか?

 

神社・・・神道で神様を祭っている。

お寺・・・仏教で仏様を祭っている。

 

という違いがあります。

 

日本人は無宗教とはよくいわれる理由としては、年末年始の過ごし方、結婚式などが挙げられるかもしれません。

クリスマスを祝った一週間後には初詣に行く。

この発想はクリスチャンやイスラム教徒の方々には理解ができないかもしれません。

さらにハロウィンまで入ってくるので、奇異に映るのも仕方ないでしょう。

 

ですが、これをもって「無宗教」というのはまだ早いです。

無宗教というより、無頓着、といったほうがわかりやすいかもしれません。

 

次回は日本人の信仰の原点についてみていきます。

日本史を学んだ方なら1度は聞いたことがある「神道」についてのお話。

次回もお楽しみに!