横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

建築界のノーベル賞・プリツカー賞を受賞した1人の日本人男性に迫ります。

今回から新シリーズ「この日本人は、世界一カッコイイ!」をお届けします。

 

2014年10月8日。

日本中が当時、ノーベル物理学賞の受賞に沸きました。

青色LEDで世界を変えた3人は私たちの誇りです。

 

そのおよそ6ヶ月前、3月24日に1人の日本人がプリツカー賞を受賞しました。

これは建築界のノーベル賞です。

彼が紙でつくる数々の建物は、いま世界の人々に感謝と感動をもって迎えられています。

驚くべきは、その多くがボランティア活動であるということ。

特許や報酬とは無縁のまま地球を助けまくる男。

 

それが、坂茂(ばんしげる)。

このシリーズではその生き様について、実際に建築した建物もご紹介しながら見ていきます。

 

次回は「プリツカー賞とはそもそも何か?」について。

日本ではあまり知られていない賞。

日本建築のみならず世界の建築界でも高い評価を受けるきっかけとなった受賞についてみていきます。