横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

えっ、スキヤキって日本にもあるの?アメリカ・テキサス州発!ウエイトレスの衝撃の一言。

JAPAN CLASSより引用になりますが、えっ?と思えるお話を2部構成で今回はお届けします。

なんちゃって日本食。スタートです!

 

1.「日本にもスキヤキはあるの?」とウエイトレス。

 

テキサス州のある町にで入ったジャパニーズレストラン。

メニューにスキヤキがあったとのこと。

うれしくなって迷わず注文したところ、ウエイトレスから「チキン、ポーク、ベジタブルのどれにする?」という衝撃の一言が。

 

「えっ、スキヤキといえばビーフでしょ?」と言ったところ、ウエイトレスは笑いながらこう言ったそうです。

「ノー!スキヤキっていうのはチキンまたはポークと野菜をミックスして・・・」と説明を始めました。

 

「いやいや違う。ノーノーノー!私は日本人だから、スキヤキは知っているのよ。スキヤキは普通はビーフを・・・」と言い返すと、ウエイトレスは「えっ?日本にもスキヤキはあるの?」と問い返したとのこと。

 

全然話にならず、とにかくビーフという選択肢はないことを知り、仕方がないからポークを頼んだとのこと。

出てきたものは、豚肉入りの水っぽい野菜炒めが深めの器に入っているような、そんな感じのものだったが「スキヤキはスキヤキだ」と自分に言い聞かせ、せめて卵は欲しいと思い「エッグくれる?」と尋ねたところ、

 

「エッグも食べるの?スクランブル?目玉焼き?それともポーチド?」

という具合。

どうにか生卵が欲しいという意図は伝わったものの、持ってきたものは、小さなエッグスタンドに卵を割りいれたもの。

溶くこともできず、スキヤキの具を入れることもできない状態だったそうです。

 

次回もこのネタ続きます。

お楽しみに!