横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

アメリカ各地でラーメン戦争が勃発している?まずは黎明期についてみてみよう。

だいぶ間隔が空いてしまいました。すみません。

引越したんですね。まあ神奈川県内を移動しただけなんですが、市が変わったのでいろいろバタバタとしてました。

 

というわけで再開です。

またお付き合いください!

 

前回の続きになりますが、アメリカでラーメン戦争が起きている、という物騒な?ニュースについてです。

自国に対するプライドが強い・高いのがアメリカという国。

オバマはそれほどじゃなかったですが、トランプ大統領を見ていると、経済界でも成功して来ただけに、自信がみなぎっている印象もあります。子供っぽい面もありますが、そのくらいのほうがいいのでは?と個人的には。

 

と、横道にそれそうなので続きを。

アメリカに初めてラーメンの専門店が誕生したのは今から45年ほど前の1975年。

ニューヨークにオープンした「SAPPORO」というお店だといわれています。

ただ、こちらはあくまで現地在住の日本人向けの味付け・お店だったこともあり、地元のアメリカ人の利用率は高くなかったようです。

 

以後、各地でラーメン店は増えていくことになるわけですが、1990年代後半までは目立った動きはありませんでした。

 

それが今から13年ほど前の2014年に劇的な動きを見せ始めます。

きっかけは日本のラーメン店で働いた経験を持つ、ひとりの男。

アメリカ人好みの味にアレンジしたラーメンを提供するお店を「あの」場所にオープンさせ、一大ブームを巻き起こすことになります。

この話、次回くわしく見ていきますので、ぜひお付き合いください。

最後まで本日もお読みいただきありがとうございました!