横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

ラーミェン→南京そば→支那そば→中華そば→ラーメン。ラーメンのルーツを探る。

日本発祥ではないラーメン。

ではルーツは具体的にはどのようなものだったのか。

 

中国の拉麺(ラーミェン)。

スープが注がれた丼に茹でた小麦粉製の麺を入れ、肉や野菜等の具材を載せるスタイルを基本とする麺料理です。

 

日本に伝わってきたのは明治時代の初期。

横浜の中国人街の料理店で提供されるようになってから、全国的に広がったとされています。

当時はラーメンではなく「南京そば」と呼ばれていました。

 

1910年(明治43年)、浅草に日本初のラーメン店がオープン。

「来々軒」というラーメン専門店で、たちまち繁盛店となりました。

そして、大正から昭和初期にかけ、日本各地で専門店が続々と開店。

第二次世界大戦後に中国からの引揚者が全国各地でこぞって屋台を引くようになり、ラーメンの存在が広く国民に知れ渡るようになりました。

 

また一般的な呼称もそれに応じて変化してきます。

南京そば→支那そば(戦前)→中華そば(戦後)と変わっていき、1958年(昭和33年)に世界初の即席麺「日清チキンラーメン」が発売されたことにより、「ラーメン」の呼称が主流になった、といわれています。

もちろん今でも支那そばで営業している店もありますので、全部が全部、という話ではありません。

 

次回は伝来した中国式のラーミェンがいかにして日本人向けの味付けに変化したのかについてみていきます。

ぜひ次回もお付き合いください。