横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

世界の観光客がTOKYOに魅了される理由。新カテゴリー開幕です!

今回から新シリーズ突入です。

 

京都については「世界を魅了してしまう街・京都!」で以前取り上げました。

今回は東の京都こと東京についてみていきます。

東京メトロの広告で笑顔の石原さとみに癒されているのはわれわれ日本人だけではないのかもしれません。

 

さっそくいきましょう。

 

2013年、外国人観光客が1000万人を突破した日本。

そのうち、東京を訪れたのは680万人、経済効果は1兆2500億円ともいわれます。

2014年に入っても1~6月の外国人旅行者数は前年同期比30%増を記録。

10月前半には訪日外国人観光客が最速で1000万人を突破。

2020年の東京オリンピックまで3年とせまった2017年に取り上げるにふさわしい街・TOKYO。

なぜ世界の観光客を魅了するのかを見ていきます。

 

国連の世界都市化予測(世界の主要都市と主要都市周辺の郊外都市まで含めた都市圏の人口順位)で、1955年以来「世界一のメガシティ」に東京は君臨し続けています。

 

3800万人もの人が暮らすこのメガシティには、当然それを支える娯楽、食事、交通網があるわけです。

そう考えると「世界一の娯楽・食事・交通網がTokyoにあるのではないか」と考えるのも自然な流れ。

2003年には「ビジット・ジャパン・キャンペーン」も始まり、はや14年目。

観光都市・東京は今後も満開のサクラを咲かせられるかどうか、注目が集まっています。

 

と絶賛したところで第一回はこのへんで。

次回は「外国人観光客は東京で何を楽しんでいるのか?」というテーマで掘り下げていきます。

次回もお楽しみに!