横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

世界の国歌を見てみよう(3)!フランス・オランダ・ポルトガル編。

今回で3回目を迎える「世界の国歌を見てみよう」。

今回もヨーロッパからお届けします。

さっそくいきましょう。

 

まずはフランス。聞きなれたフレーズかもしれませんが、日本語訳だとどうなるのか知らない方も多いのではないでしょうか。

 

・フランス 『ラ・マルセイエーズ』

フランス革命真っ只中にライン軍のために作られたが、マルセイユ軍が歌いながらパリに入場し有名になりました。

 

行け 祖国の子らよ 栄光の時は来た

われらにむかって圧政の

血に染まった軍旗が掲げられた

聞こえるか? 戦場で

獰猛な敵兵が怒号するのが

彼らはわれらの腕の中にまでやって来て

われらの息子や妻の喉をかき切るのだ

武器を取れ! 市民たち 隊伍を整えよ

進め 進め (彼らの)けがれた血が

われらの畑を潤さんことを

 

えらく物騒な歌詞ですが、こちらからどうぞ。

www.youtube.com

 

続けてオランダ。

 

・オランダ 『ヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエ』

スペインからの独立戦争後のオラニエ公ヴィレムの心情を歌った歌詞。15番あるうちの1番で自己紹介のみ。

 

ナッソ伯ヴィレム

ドイツの由緒ある家計の末裔

我はこの地に永遠の誓いを捧ぐ

我はオラニエ家の勇気ある王子

スペイン国王に

変わらぬ忠誠を誓ってきた

 

国歌はこちらから視聴可能です。

www.youtube.com

 

本日最後はポルトガルです。

 

・ポルトガル 『マメリーの賛歌』

海とともに歴史をつむいできた海洋王国。大航海時代の偉大な英雄はエンリケ王子、マゼランを筆頭に数知れず。

 

海の勇者 誇り高き民

勇敢なる永遠の国 

今 再び立ち上がれ

ポルトガルの栄光よ

追憶の霧の その間に

民よ聞け 我らに勝利をもたらす

遠い昔の偉大なる祖先の声を!

武器を取れ 武器を取れ

大地を海に

武器を取れ 武器を取れ

祖国のために

大砲に向かって 進め 進め

 

和訳つきのポルトガル国歌はこちらから。 

www.youtube.com

 

次回は第四回。

サッカー大国から離れることで、滅多に聞く機会がないレアな国をご紹介します。

次回もお楽しみに!