横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

浜松の「海の幸四天王」一挙大公開!

今回は「浜松 海の幸四天王」についてお届けしましょう。

 

まずは夏~秋が旬のこの食材。

どうまん蟹

 

正式名称は「ノコギリガザミ」。浜松では「どうまん蟹」と呼ばれています。

全国でも限られた地域でしか生息していない貴重な蟹で、独特な磯の香りと濃厚な味わいが特徴。

地元の料理店では、職人が丁寧に蒸しあげて調理してくれます。

立派なツメをもつオス味噌と卵が絶品のメスともに、食通がうなる味です。 

 

続いて秋から冬の旬といえばコレ。牡蠣です。

粒が大きく、甘みが強いのが浜名湖のカキ。

養殖歴100年以上の歴史を誇ります。

近年は浜名湖のご当地グルメ「牡蠣ガバ丼」が評判です。

うなぎの蒲焼のタレで味付けしたプリップリの牡蠣。

浜名湖の海苔、たまねぎを載せ、仕上げにみかんの皮をプラス。

地元の特産品を盛り込んだぜいたくな一品です。

 

次に湘南でも人気のシラス。春~秋が旬です。

遠州灘のしらす漁は、出荷時には100隻もの船が舞阪漁港を出港します。

舞阪で取れるしらすは、透明度が高く見た目も美しい。

そしてその味は、全国トップクラスといわれます。

地元で獲れたシラスだからこそ味わえる贅沢な丼で、しらす独特の磯の香りとなめらかな食感が楽しめます。 

 

そして最後が秋~冬が旬の「天然とらふぐ」。

遠州灘は全国屈指のふぐの漁場でもあります。

国内で流通する天然とらふぐの6割が水揚げされています。

漁場が近いこともあり、日帰りでの漁が可能で、水揚げされた天然のとらふぐは、すぐに競り場へ送られます。

天然のコリコリした食感と深い味わいを、産地ならではの値段で堪能できます。

 

毎年2月末頃まで「遠州灘天然とらふぐ祭り」も開催されていますので、ぜひ浜松にお寄りの際は覗いてみてください。 

 

次回は浜松のソウルフードである「アレ」を取り上げます。

以前一度取り上げているんですが、現地でおいしく食べられるお店もご紹介しますので、ぜひご期待ください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!