横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

チーズバーガーを頼んだのにチーズがいない?フランスのマクドナルド事情。

今回でいったん「おフランス.com」は終了です。

またタイミングをみて取り上げますのでよろしくお願いいたします。

 

日本ではマクドナルドを

 

関東・・・マック

関西・・・マクド

 

と略しますが、フランスは関西流。マクドのようです。ただイントネーションが違うそうです。

 

そしてなぜフランスのマクドナルドはファーストフードではないのか?

さっそく検証していきましょう。

 

1.注文どおりのものが出てこない

テイクアウトして自宅に帰ってみると、ポテトがない、頼んだはずのバーガーが行方不明、なんてことがあるとのこと。

日本なら、レシートをもって店に行けば、だいたいはもらえそうですが、「おまえが食ったんだろ」的な発想なのか、とりあってもらえないそうです。

 

2.まともな形で出てこない

こんな現象が起きるそうです。

・チーズバーガーを注文したのにチーズが入っていないのでおかしいなと思ったら、紙の上に載っていた

・チキンナゲットを注文すると、数が少ないときもあれば多いときもある

・必ず何かしらの具がはみだしている

 

こうしてみると、雑に思えるだけにスピードだけは速そうに思えますが、お国柄、国民性なのか、こんな風に考えられています。

 

・フランス人がそもそもマクドナルドをファーストフードと捉えていない。

・なぜそんなに急いで飯を食わなければならないんだ、という考えが根強い

 

もちろんうがった見方かもしれませんので、あくまでイメージ・参考で捉えていただければ。

 

ただ、日本では見られないメリットもあります。

並んで待っているフランス人たちも、イライラせずに並んでいるんです。

もともと列に並んで待つ、というのが苦にならないんですね。

これが日本のマックなら5分以上待たされたらイライラしてしまうところ。

そういう意味では慣れというのは大事かもしれませんね。

 

次回は新カテゴリーでお届けします。

単発企画ですが、内容は濃いですのでご期待ください。