横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

日本のいちごがシンガポールでは値段が5倍!日本産・日本の食文化への信頼が神ってます!

今回はシンガポールの食事についてみていきます。

今回でいったんこのシリーズ終わりますが、また不定期に再開しますので、お付き合いいただけたらと思います。

 

さて、シンガポールです。

華僑、のイメージがわたしにはありますが、あながち的外れではないようで、国民の70%が中国系。

そういうわけで中華料理が強いのは否めません。

ですが、寿司屋、とんかつ、ラーメン、カレーライス、居酒屋にいたるまで、どこのフードコートに行っても見かけるまでになりました。

 

食はその国の文化そのものですので、そういう意味でニッポンが食い込んできているのはうれしいところ。

参考までに日本産のいちごですが、シンガポールの明治屋で購入すると、なんと日本の5倍。

ですが、和牛も含め飛ぶように売れているとのこと。

 

日本産=安全・美味

日本人以上に、海外の方のほうが日本産によいイメージをもっている証左ともいえますね。

 

そして驚くべきはシンガポールとの貿易。

500万人程度の人口にもかかわらず、年間2兆円の黒字になっています。

まあ黒字になっているのは日本ですので、かなりシンガポールの人々が日本の製品・食品etcをお買い上げ・爆買いしているともいえます。

 

タイヤで有名ですが、何気に軍事関連でも力のあるミシュランがつけているレストランへの星が一番多いのは日本。

取れる食材、料理法など、日本独自のものが多いこともありますが、こと食文化の海外への流通度でいえば、おそらく世界ナンバーワンではないでしょうか?

もちろん中華料理がおそらくシェアは1位でしょうが、人口比率が違いますからね。

 

次回から新シリーズ「おフランスのマクドナルドはファストフードではない?」をお届けします。

次回もぜひお付き合いください!