横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

bitcoinの価格は中国中心で値動きしている?中国が世界の中心なのか?

個人的な話から入りますが、わたし、ビットコインをこつこつ購入しているんですね。

まあ投資先もあるわけですが、それはおいといて。

ビットコインの値動きの大半といえるのが中国。

人口もありますし、通貨への信頼度が日本円ほど高くない、ということもあり、さらに格安、ほぼ0円で海外に送金ができるので、華僑の方はかなり重宝しているはず。

 

なぜ中国の動きがそのままビットコインの値動きに反映してしまうのかというと、規制が入るからなんですね。しかも無駄なスピード感をもって。

あそこは民主主義国家なのか?社会主義国家なのか?いまだによくわかりませんが、とまあそんなわけで、中国経済・中国の政治体制というのは、わたしみたいな一般市民にも普通に影響を及ぼすわけです。

 

とはいえ、人口の多さや影響力の大きさを最大限考慮したとして、、、

 

これだけは中国製じゃないと!

やっぱりMade in China!しかないよね!

 

という方は、おそらく日本には不在ではないでしょうか。

悪口というより、これは国や民間が築いてきた実績でもあるので、中国が悪いわけでもなければ、日本が格段に優れている、というわけでもありません。

相対的なものですし、人間の嗜好・思考は案外簡単に動いてしまうもの。

それでも中国製になびかない。

 

しいて中国製にこだわるなら上海ガニ?など、少なくとも製品ではないもの。

 

これが時計になると一味違います。

 

いくら日本の工業製品がいい!とはいえ、スイス製の時計、海外ブランドの時計の価格は日本製品を圧倒しています。

これは時計の性能プラスこれまで築いてきた歴史あるブランド力の差ともいえます。

 

お隣中国、韓国の経済成長が思ったほど伸びない理由はきわめてカンタン。

海外に向けて発信力のあるブランドが皆無、あるいはゼロだからです。

韓国でいえばサムスンは一時期勢いがありましたが、スマホの発火などトラブル続きで轟沈しつつあります。

 

次回もこの話題で続けます。

楽しいカードゲームのお話のあとで落差はありますが、それがざんぎりヘッド。

いろんな角度から日本を見ていきますので、ぜひお付き合いいただければ。

新しい発見は知りたい記事をクリックするだけでは得られないと思いますので。