横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

座席1列の掃除に11秒!夏には浴衣、冬にはサンタの会社とは?

東北・上越新幹線の車内清掃を担当しているのが「JR東日本テクノハートTESSEI」という会社。

1952年に国鉄の車内清掃を行う会社(当時の社名は鉄道整備株式会社)として設立され、2012年に現在の社名になりました。

 

来年で65周年となるこの会社ですが、培ってきた清掃技術がまさに「神ってる」んですね。

ダイヤが詰まっている東京駅の新幹線は、なんと清掃時間が7分間しかありません。

 

・座席の向きを反転させる。

・ごみを回収する。

・食べ物・飲み物が散らばった座席や床をキレイにしてから、テーブルを吹き、座席のカバーを交換。

 

車両1編成を担当するのは1チーム22人の精鋭たちです。

1人あたり100席を担当することになり、この中でもコメットさんと呼ばれる特別なスタッフは、グリーン車やグランクラスの車内の飾りつけなども行います。

ダイヤ乱れで7分間すらとれないときもありますが、そんなときはほかの車両を担当するスタッフがフォローし、一丸となって対応します。

 

とはいえこれだけなら驚きの秘密にはなりません。

ユニフォームにも気を使っているんですね。

 

春にはサクラをあしらった帽子をかぶり。

夏にはアジサイやアロハシャツをあしらったシャツを身につけ。

お盆は浴衣。

12月はサンタクロースの服装で清掃を行っています。

 

参考までに座席1列の掃除にかかる時間は・・・なんと11秒。

といくら文字で語ってもインパクトがありませんので、ぜひナマの動画をごらんください。

日本人の投稿動画が多いですが、あえて外国人が撮影した再生回数50万回以上のものを今回はご紹介。

www.youtube.com