横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

スキーをするためだけの駅!駅で温泉に入れるってホント?ガーラ湯沢駅の真実とは?

1987年にJR東日本初のリゾート開発としてオープン。

それがガーラ湯沢スキー場。

その利用客の輸送のためだけに作られたのがガーラ湯沢駅。

 

駅舎自体がガーラ湯沢スキー場の施設となっている、まさに前代未聞ともいえる「スキーをするためだけの駅」なんです。

 

ガーラ湯沢駅の改札は駅舎の2階にあり、この2階フロアにはスキー用品レンタル、ロッカールーム、ゴンドラ乗り場のすべてがあります。

そりと長靴の用意もあるので、雪遊びだけやりたいという子供や、付き添いのみで訪れる親御さんの準備も整います。

 

ゴンドラに乗り込むとそこはもうゲレンデ。

ほとんどのコースは、ゴンドラを降りた中継エリアからさらにリフトに乗り、中継エリアに降りてくる設計ですが、2010年に中継エリア→ガーラ湯沢駅、という新たな下山コースが誕生。

帰りは駅舎の入り口までスキーで降りてくることが可能になりました。

 

またガーラ湯沢駅の3階には温泉施設もあり、下山コースでそのまま降りてから、ゆっくり温泉につかるという至福のひとときが味わえます。

 

日本人でも食いついてしまうこのシステム。

当然外国人観光客が食いつかないはずがありません。:

そんな外国人向けに打ったJR東日本の一手とはいったい何なのか?

次回、くわしく触れていきます。

 

参考までにガーラ湯沢はこんな感じです。

gala.co.jp

 

もうひとつ、東洋経済にも掲載された記事をご紹介しておきます。

toyokeizai.net