横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

新幹線には個性がある!山陽・山形・北海道・北陸・東海道・・・各路線の特色をご紹介します!

乗客がくつろげる究極のメニュー。

山陽・山形新幹線を筆頭に各路線が実践しています。

さっそくそれぞれ見てみましょう。

 

まずは山形新幹線から。

2014年にデビューした「山形新幹線・とれいゆつばさ」。

史上初の「足湯」が常設されています。

長く座席に座って靴を履きっぱなしはけっこう疲れます。

16号車に4人利用できる足湯が2つ用意されており、さらに畳座席のお屋敷指定席、バーカウンターなども併設されています。

くわしくは公式HPをどうぞ。

www.eki-net.com

 

続いて山陽新幹線。

「こだま(500系)」の一部列車ですが、子供用運転台があります。

ちびっ子鉄道ファンに大人気で、本物そっくりのハンドルを操作することで、実際に新幹線を運転している雰囲気を楽しむことができます。

 

こちらも公式HPがありますのでぜひごらんください。

500系こだま号にお子様向けの運転台登場!:JRおでかけネット

 

その他もあわせてご紹介しましょう。

 

・九州新幹線

800系は車両ごとにデザインが違います。

西陣織のシートを採用し、ブラインドは桜材を使用。

一部車両にはなりますが、壁に金箔が施されています。

 

・北海道新幹線

H5系のグランクラス車両は、座席が本革の電動リクライニングになっており、各シートには読書灯・コントロールパネルが設置。

軽食・ドリンクサービスが受けられます。

 

もちろん今回ご紹介できなかった北陸新幹線、昭和から屋台骨を担っている東海道新幹線もがんばっています。

 

次回は新幹線の乗り心地についてくわしく見ていきます。

日本人なら当たり前の安定感・乗り心地の良さはどこから来るのか。

ぜひ次回もお付き合いください。