横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

ニッポンの洋服の干し方、なんでそうなるの?

新カテゴリースタートです。

 

朝ごはんの準備とお弁当のしたくが終わり、旦那と子供を送り出したお母さんを待っているもの。

それが「洗濯」です。

乾燥機つきの新製品が次々と発売されている中、「干す」ことを止めない日本流に外国人は困惑気味。

そして畳み方も普通じゃない・・・

 

そんなお話です。

 

まずは「干す」ということについて、外国人がどんな風に考えているのか、コメントをまとめました。

WEBサイト『海外反応!I LOVE JAPAN』『キキミミ』『どんぐりこ』より。

 

・日本の主婦だったら死にたくなるかも(アメリカ)

・日本での生活でのいままでの経験上、乾燥機がついている家は一般的じゃないね

・日本は超ハイテクで有名な国なのに、乾燥機を使わないで外に干している人が多いってのは疑問だよ

・ほとんどの人は自然乾燥させるよ。日本人は太陽の光に殺菌作用があると信じているから

→そうなのか???

・日本の文化って本当に自然と一体化しているよね。

・イタリアや中国だって外に干している人は多いよ

・オーストラリアだけど乾燥機なんて買ったことがない。いつも外に干してるよ

・スウェーデンでは家にランドリールームがあって洗濯機と衣類乾燥機があるか、干す専用の部屋がある。おばあちゃんは外に干してたけどね

→干す専用の部屋は、狭い島国・日本ではできない芸当。ある意味うらやましいですね。

・夏の間ならドイツでも外に干すけど、冬でもやるのは変に聞こえる

・東京では、ベランダやお風呂場に干すのが、コインランドリーへ行くよりも一般的だよ

→お風呂場は干したことがないけれど、どうなんだろう。

 

こうしてみると、海外の国々でも「干す」習慣がある国もけっこうあることがわかります。

 

次回は「なぜ外干しが廃れないのか?」についてみていきます。

部屋干しも増えてきてはいますが、やはり外に干す、が晴れている日の王道になっています。

次回もお楽しみに!