横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

「世界はマオに魅了される!」最終回。母を亡くしたその後、決意した現役続行!さらなるチャレンジに挑む!

前回は、浅田真央・舞・恭子さんの三つ子についてお話していきました。

今回は母の死を乗り越え、現役続行を決めるまでのプロセスについて見ていきます。

今回で「世界はマオに魅了される!」は最終回。

ぜひお付き合いください。

 

全日本選手権への出場を決めた浅田。

同じく大会前に母を亡くしたロシェットからも「気持ちは分かる」とメッセージ。

そして驚きなのが、国際スケート連盟のチンクアンタ会長が、弔意の手紙を日本スケート連盟の橋本聖子会長に送ったこと。

「国際連盟の会長が直接そういう行動をとるのは異例のこと。世界のみんなが浅田選手のことを心配している」と橋本さんは話していました。

 

そして全日本は見事優勝。

その目に涙はありませんでした。

 

そして2013年4月の世界国別対抗戦後、ソチ五輪シーズンでの現役引退の意向を示しました。

だが、ソチ五輪後は「ハーフ・ハーフ」と表現。

2014年3月の世界選手権では3度目の金メダルを獲得。

その後休養に入りました。

 

休学していた中京大学体育学部に復学し、スキューバダイビングの講習を受けました。これまでスケート靴をもたずに出かけたことは数えるほどしかなかったが、スーツケースにスケート靴を入れずに旅行にも行きました。

初めてといっていい息抜きの時間となったわけです。

 

浅田不在のスケート界には新星が現れており、2015年3月の世界選手権を制したロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ。

同じ4月にはフリーでも大技に成功し、新時代の到来を告げました。

 

2015年5月。

1年ほどの休養を経て出した結論は「現役続行」。

「自分で決めたことなので責任を持ってやりたい。100%復帰するつもりでやっている」

ハーフ・ハーフだった揺らぎ、迷いは捨て去りました。

 

最後に、母・匡子さんが浅田に求めたスケーター像を記して終わりにしたいと思います。

「金メダルは獲ってほしいけど、それより、みんなに愛されるスケーターになってほしいのよ」

 

母の願いは、間違いなく現実になりました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回からの新章をお楽しみに!