横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

京都人の気質・京都の持つ魅力に迫る!祇園にある小さなホテルMume(4)

今回で4回目となった「祇園にある小さなホテル・Mume」についての特集も、とりあえず今回で一区切りとなります。

世界の人々を魅了する街。

それが京都です。

また新しいニュース、日本人が誇りに思えるお話を入手できたら改めてとりあげたい都市のひとつです。

 

というわけで、今日は京都・祇園という立地も成功の1つと考えられる2つの要因。

つまり「京都そのものがもつ魅力」「京都人の気質・人柄」について考えてみたいと思います。

 

わたしは関東圏の人間ですが、かなり乱暴な言い方をすると「横浜であれ都内であれ、あまり人に色は感じない」。

つまりいい意味でも悪い意味でも個性を感じないんですね。

北関東はわかりませんが、南に関しては埼玉県くらいまでは正直、気質みたいな違いはわからないんですよね。

そういう意味で、京都と大阪も似てるのか?と思ったりもしますが、わたしのひとりごとよりもさっそく本題に入りましょうか。

 

まず京都そのものが持つ魅力について。

Mumeオーナーの柴田尚子さんのことばを借りてみていきたいと思います。

 

「私からしたらお寺さんと学校しかないので、いい加減飽きるんじゃないかと思うんですけど(笑)ただ、山があって川がある。緑と水に囲まれているというのはやはり落ち着きますよね。これって京都が持つ力なんです。地図で見たら小さなところですけど、皆さん知れば知るほど戻ってきたくなるとおっしゃるんです」

 

「正直、京都のいいところはお客様に教えてもらうことが多い」

 

2つめが個人的にはササるフレーズでした。

TokyoやYokohamaのどこが魅力なのか、わたしは正直わかりませんが、外国人の方からすればきっと数え切れないほど挙げてくれるはずです。

 

そして次に柴田さんから見た「京都の人ってどんな感じ?」について。

 

「京都の人って排他的とか言われますけど、外国の方が困っていたら、ちょっと声をかけてあげる、もしそれを自分がわからなくてもほかの誰かに聞いてあげるみたいな世話好きみたいなところがあるんです。意外と新しいもの好きで、外から来てくれる人が大好き。これも京都の魅力の1つですよね」

 

外から来てくれる人が好き。

これは東京にはない魅力かな、とわたしは思いました。

外から来てくれる、というより、外から来やがった、というイメージで捉えてしまう。

まあ極論ですが。

 

いかがだったでしょうか?

気になるMumeの公式ホームページはこちらです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

www.hotelmume.jp