横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

待ち「時間」なだけはるかにまし?病院の待ちは「年」単位になるのが外国ってホント?

病院の待ち時間は長い!

いつまで待たせるんだ!

 

という経験、したことありませんか?

というより、その経験しかしたことないぜ!というイメージです。

 

2~3時間。

行列のできるラーメン屋でもさすがにここまでは待たせません。

ただでさえ病院に来るのがストレスなのにさらにストレスを加えるのか!

と思いますが、これでもまだ日本はましなほう。

というお話です。

 

外務省のHPに「在外公館医療官情報」というのがあります。

それによると、カナダではなんと・・・

 

家庭医の診療・・・1,2週間

整形外科・皮膚科・産婦人科・・・数ヶ月~1年

CT・MRT検査・・・数ヶ月

 

これが世界でも最たる待ち時間のようです。

それに比べると少なくとも単位が「時間」で済んでいるだけ日本はましともいえます。

 

続いてヨーロッパを見ていきましょう。

 

OECDが2013年に発表したデータで「診療を早く受けるためにEUの他国に出かけたことがあるか?」というアンケートに対して、イエスの返事がこの割合で返ってきたそうです。

OECD Waiting Time Policies in the Health Sectorのデータです。

 

デンマーク、アイルランド、イギリス、ポルトガル、スウェーデン・・・80%

 

イギリスはEU離脱を決めましたが、果たして医療はどうなるんでしょう。

そして80%と記載しましたが、正確にはデンマークに至っては90%。

一番低いのがイタリアで47%です。

 

これを見てしまう、また知ってしまうと、多少は病院の待ち時間も我慢できるのではないか?

そう願いつつ、今日の記事を終わりにしたいと思います。

 

次回はこんな切なる祈りに近い「いつでも・誰でも受けられて当然」というシステムをほぼ構築したといえる日本の医療に対する外国人の切なる声を掲載します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!