横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

海外の美容院ってどんな感じ?(2)アメリカ&シエラレオネ編

前回に引き続いて、海外の美容院についてみていきます。

 

今日は第二弾。おなじみのアメリカと???なシエラレオネ編です。

さっそくアメリカからみていきましょう。

 

ブラジルはブラジル人がお客・美容師というお話を前回しましたが、アメリカは間逆といえる状態。

20カ国以上の美容師がいますし、実数はもっとでしょう。

 

アフリカ系サロンのブレイズ、インド系サロンのヘナ、日本のストレート、ブラジルのケラチン、モロッコのオイルなど多種多様に楽しめます。

眉毛・脱毛も扱うサロンはあります。

 

ちなみに料金ですが、格安で20ドルと日本の1000円カットよりはお高め。

一番安いのではチャイナタウンの4ドル。どういうヘアスタイルになるかはわかりませんが、超格安です。

 

参考までに高額になると最高で750ドルがあるそうです。

平均を取ると約100ドルが一般的なようです。

 

女性なら100ドルくらいは日本でも普通かもしれませんが、男性からすると「高い!」と感じる金額ですね少し。

 

そして要注意なのがクレジットカードで予約が必要な高級店。

万が一自己都合などでアポを無視してしまったらいったいどうなるか?

 

なんと全額チャージ。つまり何もしていないのに引き落とされます。

予約したらはってでも行くか、どうしても行けなくなった場合は必ず連絡を。

 

続いてお待ちかねのシエラレオネ。

 

まず停電が頻繁に起こってしまうこともあり、ドライヤー、パーマなどは予想外の時間を計算したほうがよいでしょう。

 

そしてアットホームさはもしかしたら世界一かもしれません。

お客さんが持ってきたレバノン料理を遠慮なく受け取る美容師さん。

そして、なんと「じゃあお礼に」とおもむろに野菜を持ってきて交換。

 

日本じゃまず衛生面でありえない話。

なんとも庶民的・牧歌的です。

 

いかがだったでしょうか?

お気に入りの国は見つかりましたか?

 

次回からは新企画を始めます!

内容はヒミツですが、老若男女すべてにかかわる内容です。

お楽しみに!