横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

うまいもんはすぐそこに!元気は食でつくられる!

浜松企画を続けます。

 

健康の基本は「食」にあり。

なんてことは改めて言うまでもありません。

肉よりも栄養価の高い野菜は、健康な身体つくりには欠かせない食品です。

 

浜松は農業大国としても知られます。

農家の数が13855戸。これは全国で一位の数字です。

耕地面積も市民1人あたり48坪という広大さ。もちろん農業をやっていない人も含めての数字ですからいかに農業に力を入れているかがわかります。

 

それだけではありません。

生産できる品目がなんと177種。

これは前回も述べたとおり、温暖な気候にめぐまれていることが大きいですね。

 

今回はそんな浜松で作られる旬な野菜についてご紹介します。

 

日本一早い出荷を誇るたまねぎ。

 

実は浜松が発祥の地・エシャレット。

 

セロリじゃないよセルリーだよ!でおなじみのセルリー。

ハウス栽培で育ったセルリーちゃんは爽快な香り、肉厚で心地よい歯ごたえ、濃厚な味わいがそろった絶品。

 

生鮮量が全国1,2位を争っているチンゲンサイ。

 

単なるじゃがいもと侮るなかれ・三方原馬鈴薯。

 

そして・・・浜松といえばやはりうなぎ。

浜名湖で養殖が始まって早100年が経ちます。

豊かな自然に囲まれた土地で育った天然のうなぎ。

輸入物とは次元が違います。

浜名湖の新鮮なグルメはわたしはここでお買い上げ。

コスパがいいのと、やはり鮮度がいいです。

朝絞めうなぎが特に絶品です。 

 

 

次回は「えっ、浜松市民の健康は結局コレが支えてるんだ?」というテーマでお届けします。