横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

ニッポンの入浴剤ってそんなにスゴイの?

今日は日本で作られている入浴剤について。

そんなにすごいのか?

大差あるかそもそも?というお話です。

 

海外ではバスソルトと呼ばれる塩を中心とした入浴剤が主流です。

 

日本の入浴剤は、各地の温泉に含まれるミネラル成分の分析から始まり、ブレンドして精製されています。

さらに厳しい安全基準をクリア。入浴剤を入れても浴槽や風呂釜が傷むことがないのがその証拠といえます。

 

メジャーなところではバスクリン社の『日本の名湯』シリーズがあげられます。

1986年に発売されており今年でなんと30歳のベテラン入浴剤。

 

また、コアなファンなら知っておきたいのが同じくバスクリン社の『きき湯』。

ラムネ温泉で有名な大分・長湯温泉の炭酸ガス効果に着目して作られた入浴剤で、Jリーガーなどのアスリートも愛用している健康増進タイプのもの。

 

『きき湯』で検索すると現時点で39万件以上ヒットする人気商品。

ぜひチェックしてみてください。

 

ちなみに商品はこんな感じものです。店頭でごらんになられた方も多いのでは?

f:id:ssshoper:20160606233027p:plain

 

次回は「なぜ日本でここまでお風呂文化が発達したのか」についてお届けします!

お付き合いくださいね!