横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

海外で日本語が大人気!!!

世界の国歌を見てみよう(3)!フランス・オランダ・ポルトガル編。

今回で3回目を迎える「世界の国歌を見てみよう」。 今回もヨーロッパからお届けします。 さっそくいきましょう。 まずはフランス。聞きなれたフレーズかもしれませんが、日本語訳だとどうなるのか知らない方も多いのではないでしょうか。 ・フランス 『ラ・…

世界の国歌を見てみよう(2)!ドイツ・スペイン・イングランド編。

全5回でお送りする「世界の国歌を見てみよう」。 第2回を迎える今回、なぜかまたもサッカーが強い国がそろうことに。 さっそくいきましょう。まずは日独伊三国同盟、また日本人選手が多数在籍していることでもおなじみのドイツ。 ・ドイツ 『ドイツの歌』 …

世界の国歌を見てみよう(1)!ブラジル・アルゼンチン・イタリア編。

今回から全5回でご紹介する「世界の国家」。 第一回の今回はブラジル、アルゼンチン、イタリアと、どういうわけかサッカー強豪国ばかりになりますが取り上げたいと思います。 日本の『君が代』とは似ても似つかぬ国歌ばかりですので、ぜひ楽しんでいってく…

君が代に見る日本人のアイデンティティとは?

今回で君が代メインのお話はいったん終了です。 というわけで、「やっと終わったよ」というあなたも、「えー、もう終わりかい?」というあなたも、ぜひお付き合いくださいね! 平安時代の日本には、いまの中国から韓国を通って音楽の文化などが入ってきまし…

エキゾティックなだけじゃない。メロディラインもすごいんだ!from君が代。

今日は本題に入る前にまずお礼から。 ほかと比較をしていないのでどれだけのクオリティを提供できているのかわかりませんが、おかげさまで読者さんが10名つきました。ありがとうございます! わたしもですが(まあわたしは当たり前ですが)、お気に入りに…

君が代は楽曲的に「よく出来ている」。『上を向いて歩こう』&『恋するフォーチュンクッキー』と同じ?

今回取り上げるのは、楽曲としての君が代。 前回予告どおり、やや専門用語が増えてくるかと思いますので、そのつどフォローを入れつつ進めたいなと思います。 それではさっそくいきましょう。 君が代の音楽的な特徴ですが、以下のようにまとめることができま…

世界から「君が代」についての賛辞がやみません!コメント一挙掲載!

前回予告どおり、今回は世界各国で君が代に魅了されてしまった人たちからの熱いメッセージをお届けします。 webサイト「パンドラの憂鬱」より引用です。 もちろんすべてご紹介するわけではありませんが、先日の首都圏の気温37度超えくらいの熱気でお届けした…

スタジアムde君が代斉唱。

サッカーの国際試合での国歌斉唱。 戦いを前にして気持ちを高ぶらせてくれるとともに、気持ちを落ち着かせてもくれます。 この相反する2つを可能にしてくれるのが「君が代」なのです。 ワールドカップなどの大きな大会をテレビで見たことがある方は多いでし…

さざれ石ってなあに!?

外国人だけではなく、われわれ日本人も学校で教えてくれないだけによくわからないことば。 それが「さざれ石」。 君が代で歌うときくらいしか発音すらしないことば。 日常会話ではまず出てこないだけに、ググることすらない人が大半なのではないでしょうか。…

君が代はどうやって誕生したのか?ルーツに迫る(2)!

前回に引き続き、君が代のルーツを追っていきましょう。 珍しい、といいますか、おそらくご存知の方は少ないであろう、当時の君が代の英訳からさっそく見ていきます。 A thousand years of happy life be thine! Live on,my Lord,till what are pebbles now,…

君が代はどうやって誕生したのか?ルーツに迫る(1)!

今回は「君が代」が生まれた背景についてみていきたいと思います。 時は明治のはじめ、天皇が関西に行幸の際、お召し艦にて神戸に立ち寄ることになりました。 そのとき、海外の慣例に従い「国歌」を奏楽することになったのですが、当時国歌というものはなか…

なぜ「君が代」が世界中で絶賛されるのか?世界の人々の君が代へのコメントを見てみよう。

今回から新シリーズ「海外で日本語が大人気!!!」をお届けします。 今回は大きなテーマを2つ用意していまして、第一弾は「君が代」です。 1903年(明治36年)にドイツで「世界一の国家はどこのものか決めよう」という「世界国家コンクール」が行われまし…