横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

日本では5月になると鯉が空を泳ぐ?

目があるものには魂がある。人形文化はこれからも日本で続く。

人形文化の衰退の一因となっているもの。 それは「少子化」です。 バブル崩壊後の不景気ももちろんですが、それは人形文化に限ったことではありません。 それに、高額な人形飾りはいまも売れていることは売れています。 需要はあるんですね。 ただ、その需要…

政治と人形文化。政教分離と同じく政文分離もできないのか?

子供の成長を願う、親や周囲の大人の期待がこめられた代表的な行事。 それがひな祭り、端午の節句、七五三です。 ひな祭りと端午の節句に飾られるひな人形と五月人形。 どちらも外国人から人気が高いお土産品として、いまも昔も人気をキープしています。 最…

「うれしいひなまつり」。まさかのメキシコで大ブレイク?

新年あけましておめでとうございます。 ブログをはじめてまだ1年に満たない2017年1月ですが、読者さんがおかげさまで5人になりました。 読者さんがいる=需要がある と判断し、今後も記事更新をしていきますので、よろしくお付き合いください。 新年…

端午の節句はもともと女性のお祭り。いつから男の子の祭りになったのか?

2016年最後の記事となりました。 今年は広島東洋カープの破竹の1年でしたプロ野球。 「神ってる」ということばどおりの勢い。 レアル・マドリードをあと1歩まで追い詰めた鹿島アントラーズも神っていたかもしれません。 お正月の天皇杯決勝も楽しみで…

キリストと軍隊?イタリア・ドイツにも子どもの成長を祝うイベントがあります。

世界を見渡してみれば、日本と似たような子供が主役のイベントがある。 さっそく見ていきましょう。 まずはイタリアから。 「プリマ・コムニオーネ」。 10歳前後の子どもが、初めて教会で司祭から聖体(キリストの体を表すウエハースのような食べ物)をも…

日本では5月になると鯉が空を泳ぐ?美しい四季を持つ日本。

桃の節句で女の子の幸せを祈り、端午の節句で男の子の立身出世を願う。 そして秋には七五三もある。 古今東西、親がわが子の健やかな成長を願うのは共通ですが、日本に古くから伝わるひな人形、鯉のぼり、そして着物を着た子供たちに、外国人から熱い視線が…