横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

ニッポンの生活ってウチの国より全然いいじゃん!?

ニッポンの職人への賞賛=日本のサラリーマンへの褒め言葉?(3)

今回は、すし職人、刀・包丁職人に向けた外国人たちの熱いメッセージを掲載したいと思います。 採用はwebサイト「パンドラの憂鬱」より。 まずは寿司職人へのコメントから。わたし個人的に気に入った、ササったコメントは赤で掲載します。 ・俺の目には寿司…

ニッポンの職人への賞賛=日本のサラリーマンへの褒め言葉?(2)

数多くの職人の中でも、より多くの外国人の注目を集めるのは、日本ならではの伝統的な職業に従事する職人たちです。 日本語のなかで比較的早く世界に浸透した言葉のひとつがSUSHI。 すしを握る職人たちは、外国人たちの賞賛を集める職人の代表格です。 すし…

ニッポンの職人への賞賛=日本のサラリーマンへの褒め言葉?(1)

すし職人、刀鍛冶、宮大工など、とことんまで技を磨き上げた日本の職人に魅了され、その仕事ぶりを褒め称える外国人が、近年は非常に多くなっています。 かたや日本のサラリーマンの働き方に対しては、賞賛ではなく、サービス残業、有休消化率の悪さなどにつ…

世界の求人を見てみよう!(2)

今回は、オーストラリア、スイス、ポーランド、カナダの求人を取り上げます。 さっそくいきましょう! まずはオーストラリアから。 勤務地:ブリスベン南部 剪定・トリミング・刈除ができて、高いコミュニケーション能力でクルーを取り仕切った実績のある経…

世界の求人を見てみよう!(1)

今回は前回予告通り、世界ではどんな求人が行われているのかについてみていきます。 第一弾の今回取り上げるのは、アメリカ、ブラジル、スウェーデンの3カ国。 2回に分けてお届けします。 さっそくいきましょう! まずはアメリカ。 シアトルタイムズ2016年6…

世界の求人広告にみる、仕事場の「和」の感覚とは(2)

前回予告どおり、なぜ世界各国では初任給、あるいは給与を明示しない求人募集があるのかについてみていきたいと思います。 日本でもありがちですが、隣に座っている人がいくらもらっているのかわからない、というのはよくあります。 別に他人の給料を知った…

世界の求人広告にみる、仕事場の「和」の感覚とは(1)

今回は、誰しも1度は通過する「就職」についてのお話。 日本人の感覚では、4年生大学だと3年生から就職活動をするわけですが、職務内容以前の問題として示されているのが「初任給」。 これがわからず面接を受ける日本人はアルバイト含め、おそらくいないと…

日本の物価に対する海外の反応(3)

前回に引き続いて、今回は3回目となる「日本の物価に対する海外の反応」。 さっそくいきましょう! なんかこっちが店のものを盗んでるような気分になる ・日本はメガネも安い。アメリカだと最低でもひとつ6万円くらい払いっていたし、顔のサイズに合うフレー…

日本の物価に対する海外の反応(2)

前回に引き続いて、日本の物価に対する海外の反応の第二弾をお届けします。 さっそくいきましょう! 日本に行っても経済的に困ることはなさそうだ! ・私は日本に二週間滞在していたけど、思っていたよりはるかに安かったよ。いま2週間同じようにスイスに滞…

日本の物価に対する海外の反応(1)

日本の物価に対する海外の反応について今回は見て行きます。 前回までは、海外に在住する邦人が、現地の物価をどう見ているかについて考えていきましたが、今回は逆のスタンスです。 けっこうなボリュームがありますので、3回に分けてお届けします! さっそ…

現地在留邦人が語る、現地の物価のナマの声!(4)

世界各国の物価を見て、日本の物価はどうなのか? 消費税以外にもさまざまな税金が課される国が結構あることがわかりました。 今回はこのテーマ最終回。 さっそくいきましょう。 フランス、ポーランド、香港、ロシアの物価を見て行きます。 前回同様(1)はミ…

現地在留邦人が語る、現地の物価のナマの声!(3)

今回は、前回予告通り、トルコ、ニュージーランド、フィンランド、ブラジルの4カ国の相場を見ていきたいと思います。 前回同様(1)はミネラルウォーター、(2)はコカ・コーラの現地の相場です。 いずれも500mlサイズのものを基準にしています。 10.トルコ(イ…

現地在留邦人が語る、現地の物価のナマの声!(2)

前回に引き続いて第2弾をお届けします。 前回同様(1)はミネラルウォーター、(2)はコカ・コーラの現地の相場です。 前回説明不測だったかもしれませんが、いずれも500mlサイズのものを基準にしています。 5.スイス(アッペンツェル市) (1)3.5フラン(365円) (…

現地在留邦人が語る、現地の物価のナマの声!(1)

日ごろ、日本で日常生活を送っているわたしたちには、海外の物価や経済は基本的にニュースであまり取り上げられませんし、正直、興味もないと思います。 が、日本を飛び出して海外で生活を営んでいる人からすると、むしろ逆で日本の物価がどうの、経済がどう…

日本のマクドナルドに対する外国人の驚くべき反応とは?

前回予告どおり、今回は日本のマクドナルドが外国人からすると「ありえない」神対応であるという企画。 わたしは以前韓国のコンビニに入ったときに、客がいても平然とスマホをレジの中でいじっている店員に遭遇しましたが、日本ならありえなくても海外では当…

品質まで考えると日本は「ハイパー物価安」!!!

中国産は安い、しょぼい、という先入観、みなさんありませんか? その対極で、日本産は高級、かつ品質が保証されている。という先入観も同じくお持ちじゃありませんか? もちろん日本産は割高、というのは世間一般の相場を見れば間違ってはいないんですが、…

驚きの値段続出!!!世界のランチ事情!

物価が高い国として知られているのがスウェーデンです。 ランチをファーストフードで簡単に済ませようとしても、テイクアウトのフィッシュ&チップスですら1500円ほどかかってしまいます。 日本でランチを済ませるとすると、東京都心であってもかなりの高価…

えっ?日本はビッグマックの値段がスイスの半分以下ってホント?

いま現在、日本は先進国の中では「物価がかなり安い国」であるのをご存知でしょうか? 消費税が来年10月に上がるという国で意外な印象もあるかもしれません。 なぜかといいますと、バブル崩壊以後、日本では物価の上昇がほとんど止まっているからなんですね…

新シリーズ「ニッポンの生活ってウチの国より全然いいじゃん!?」開幕!

久々に更新となったざんぎりヘッドですが、ようやく準備が整いましたので、本日より新シリーズ開幕です! ニッポンの生活ってウチの国より全然いいじゃん!?をお届けします。 物価は最近安いとまでは言い切れませんが、医療制度は世界一と評価され、働く環…