横浜発!日本のイイとこ全部見せます!日本に生まれてよかったfromざんぎりヘッド

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」。日本は最近元気がないけど、捨てたもんじゃないぜ!「日本人でよかった」と心から思える・誇れる豆知識を仕入れてお届けします!明日からはあなたの頭も文明開化の音がするかも!?

この日本人は、世界一カッコイイ!

芸術性との融合・バランスが共感を得る動機。坂茂が提唱する「紙の建築」に対する賞賛の訳と生のコメントをお届けします。

なぜ海外からの賞賛・絶賛を坂茂が受けているのか。 生のコメントも含め今回はお届けします。 まず、坂が提唱している「紙の建築」は世界各地、どこでも入手がしやすい、軽い、値段が安い、現地の人に作り方を少し教えればだれにでも設営できる、という数々…

建築基準法VS紙の建築。勝つのはどっちだ?

固有の構造形式というものは、現代の建築を語る上で重要なポイントのひとつでもあります。 多くの場合、「一般的」であることが条件となっています。 汎用性があり、普遍性を伴うからで、まさに合理的な基準といえます。 この基準に基づいて建築基準法もでき…

坂茂は紙の建築家?ルーツをたどる。パリにある実際の建築物もご紹介します!

さて、前回予告どおり、今回はこのカテゴリーの主役・坂茂のルーツにせまります。 坂は高校を卒業するとアメリカにわたり、南カリフォルニア建築大学を出て、クーパー・ユニオン建築学部所属。 帰国後は、深夜特急の沢木耕太郎さんとも親交のある磯崎新の事…

現代建築に対する批判とは何なのか?建築家とはいったい何なのか?

今回は現代建築について考えてみたいと思います。 ここ40年ほどで少しずつ批判とともに考え方も見直されてきている現代建築ですが、どんな利点・欠点を持っているのか。 さっそくみていきましょう。 ヨーロッパでは歴史的に構造体(石積み)とデザイン(装飾…

日本建築は海外と何が違うのか?室名から比較してみよう。

今回は日本建築の特色についてみていきましょう。 柱と梁で作られた、まるでジャングルジムのような組み立てだったのは過去の歴史が示しています。 壁が少なく、間仕切りの障子やふすまを開ければ、素通しになります。 建物の内部と外部が結果つながっており…

世界で日本の建築家がなぜ評価されるのか?歴史を紐解いてみよう。

2018年になりました。あけましておめでとうございます! 昨年、特に後半は思ったほど記事を書けなかったこともあり、今年はもうちょっと安定して記事を作っていけたらと思ってます。 本年もよろしくお願いいたします。 というわけで、さっそく行きましょう。…

建築界のノーベル賞・プリツカー賞とはいったい何か?

前回からご紹介している坂茂。 2014年度のプリツカー賞を受賞し、日本建築のレベルの高さを世界に知らしめたわけですが、そもそもプリツカー賞って何?というお話です。 プリツカー賞とは英語ではThe Pritzker Architecture Prize になります。 アメリカのホ…

建築界のノーベル賞・プリツカー賞を受賞した1人の日本人男性に迫ります。

今回から新シリーズ「この日本人は、世界一カッコイイ!」をお届けします。 2014年10月8日。 日本中が当時、ノーベル物理学賞の受賞に沸きました。 青色LEDで世界を変えた3人は私たちの誇りです。 そのおよそ6ヶ月前、3月24日に1人の日本人がプリツカ…